日本スリランカ協会 公式サイト Japan-Sri Lanka Association Official Site


サイトを再考中です

最終更新日(2016/10/08)
・アーユルヴェーダ関連記事を一部修正しました。


Prof. Dammika Ganganath Disanayake.jpgProf. Dammika Ganganath Disanayake.jpg


新田 勇 Isamu Nitta
日本スリランカ協会 会長
Chairman,
Japan Sri Lanka Association
東芝 社友
Toshiba co-worker


福田 康夫 Yasuo Fukuda
日本スリランカ協会名誉会長
#FF8000Honorary chairman
#D98178元内閣総理大臣 
Former Prime Minister


新駐日スリランカ大使
Prof. Dammika Ganganath Disanayake

Ambassador of the Democratic
Socialist Republic of Sri Lanka

Logo (3).jpg

日本スリランカ協会のシンボルマークについて

 日本とスリランカの国旗は両国の交流を意味します。日本の国旗の赤、日が昇る国を表している色の赤で図柄を表しています。赤は幸せと吉兆の色だからということです。
 一方、スリランカ側の青は島の素朴な青い水とセイロンのブルーサファイアのシンボルです。サファイアはスリランカの最も貴重な輸出品の一つです。
 また、スリランカの文化において青はニルモネル(青い水のスズラン)国花であるとともに清純、真実のシンボルとして意味のある色です。
 二つの図柄は日本とスリランカ間の長く続く友情をシンボル化させ、両国ともに最善をもたらすために抱き合う形をシンボル化したデザインです。

About the emblem of Japan Sri Lanka Association

 On either side, the flags of Japan and Sri Lanka have been placed to represent the association between nations. The figure on Japan’s side is set in red because this is the color of happy and auspicious occasions in Japan. Red is highly regarded in many different aspects of Japanese, including color of the hinomaru (Sun’s circle) on the flag, representing the Land of the Rising Sun.
 The blue color on Sri Lanka’s side is symbolic of the island’s pristine blue waters and Ceylon Blue Sapphires – one of Sri Lanka’s most valuable exports. Blue is also a significant color in Sri Lankan culture as it highlights the Nil Manel (Blue Water Lily), the national flower of Sri Lanka and a symbol of purity and truth.
 The two figures have been designed as a stylized embrace, bringing the best of both countries together to symbolize the long-lasting friendship between Japan and Sri Lanka.

アーユルヴェーダの殿堂 
Karunakarala カルナカララ
心と体と魂のトリートメント
karara_036.JPGkarara_059.JPG
国内ニュースLinkIcon

🔷代官山店
LinkIconhttp://karunakarala.com/spa/ayurveda.php [ch0]

アーユルヴェーダ・リゾート施設がスリランカにグランドオープン

🔷スリランカ・ニゴンボ
LinkIconhttp://karunakarala.com/sparesort/ja/

sign.pngsign.png

トピックス